自動車売買の疑問

自動車エンジンの画像

査定を受ける前に用意しておくものは?

 きちんとした査定を受けるためには、まずは必要な書類を集めていくようにすることが鉄則です。最近は車検証や自賠責保険の証明書などがよく使用され、スムーズなやりとりには不可欠な内容であるといったことも言われているのです。

 それに加え買取における全体的な流れを慎重に見ていくことも必要であり、即決をするよりも複数の買取業者の意向を見聞きしてから、冷静に判断を下していくことが大事になってきます。ゆえに用意すべきモノを一通り揃えてから、本格的な自動車の売却に入ることが重要な事柄になるのです。

 自動車売却も立派なビジネスであるため、査定における金額はある意味で交渉による「勝負」となっていくのです。基本的なノウハウがこういった場面では大いに必要となりますが、買取先の言いなりでは最終的には損をする結果になるため、価格については市場の動向を理解しつつ節度ある対応を心掛けておくことが肝心です。

 さらに少しでも高い金額で手放したいという気持ちを持ち合わせているのであれば、複数の買取業者のディーラーとコンタクトをとるような行動も前もって行う必要があるのです。自動車にまつわる内容は、日々進化しています。


査定の所要時間は?

 買取査定というと、時間がかかるというイメージを持つ人もいます。忙しい中で車の見積もりをしてもらう人は所要時間が気になるものです。

 一つ一つ丁寧に見てゆくのだから、数時間は必要だと思うかもしれません。しかし買取査定は、それほど時間がかかるわけではありません。なぜならば、査定士は中古オークションの相場を基準として見てゆくからです。中古自動車には基準となる価格があります。

 それと状態を見比べたうえで、価格を出してゆきます。ですから、ベテランであれば、10分から15分程度、比較的新しい人でも30分もあれば査定作業は終了します。

 車を見てもらい、見積もり額を出すまでの時間はそんなにはかかりません。しかし、時間がかからないことは、いろいろなポイントを十分に見ていないということを意味しています。車には付加価値というものがあります。

 例えば、純正オプションをつけている場合、それをつけていない車と比較するならば、当然価値があり見積もり額に反映されてもよいものです。それでアピールするならば、見積額に反映されるのではないかと思える点を十分に訴えるようにします。そうするならば、思ったよりも高い見積額が出る場合があります。