中古車査定の基礎

中古車の画像

名義変更手続きとかかる費用

 車を売ると自分のものではなくなるので名義変更をしなければいけません。もしも車を中古査定業者に売るのでしたら手続きは業者が代行してくれるため自分全てする必用はありません。

 しかし委任状は必要になります。委任状の用紙は業者のほうで用意してくれることが多いのでそれに記入しましょう。これがあれば業者は自分に変わって変更の手続きをする権利を得ます。

 キチンと変更されますと名義変更通知書をもらえます。もしも個人の取引の場合自分らでしなければいけませんが購入する側がすることがほとんどで、自分ですることはあまりありません。

 中古査定業者に売る場合は手続きの費用は掛かりません。というのもそのような費用は査定額からあらかじめ引いているからです。個人間の取引で完全に自分で手続きを行う場合でも売る側には特にこれと言った費用が掛かりません。大体は取得する側にかかります。

 手続き費用そのものは車の種類や地域にもよりますが大体二千円代くらいでできます。代行してもらう場合でも数千円程度しかかからないことがほとんどです。基本的に自動車を取得する側にかかるもので手放す側には金銭的な負担がかからないものだと思ってください。


業者で売られている同一車種の販売価格を見る

 車を売却するとき、業者で売られている同一車種の販売価格に着目しましょう。年式、走行距離などが同じ車種が70万円で売られていた場合、自分の車は70万円より安くなると予測できます。

 中古車業界は、高く買取して安く売ると商売が成り立ちません。安く中古車を売ろうと思ったら、売り手から安く買取するしかないのです。車買取業者の多くは、中古車の販売業も行っています。WEBサイトで販売車種と価格を見て、買取額を予測するといいです。月間買取強化車に指定されている車は、通常よりも高額査定が期待できます。

 車買取業者が利益を上げるためには、売り手から安く買取するしかありません。そのため、最初は相場よりも低い金額を出してくることがほとんどです。ここで売り手の反応を見ながら、査定額を調整していくのです。

 売り手が納得すれば、初回の提示額での売却となりますが、納得できなければ金額交渉をしていく必要があります。最初は相場よりも10万円くらい低い金額を出してくることが多いので、交渉により10万円はアップできる可能性は大いにあります。車買取業者との交渉力により、最終的な売値は10万円~20万円以上も変わってきます。